自動車工場の期間工に必須のスキル・能力

最終更新日 2021年3月16日

監修・著者 元期間工で働いてた人 中山 健一

自動車工事の期間工には資格は必要?

自動車工場の期間工として働くために、必ず必要な資格は特にありません。しかし、フォークリフトや自動車整備士などの専門資格を取得しているなら、面接の際に有利になる可能性はありますが、必ずしも資格が活かせる現場に配属されると限りません。

 

ただし、実務経験や実績などがあれば、企業によって資格を保有していることが有利になるケースもあります。ですから、他社で働いていた経験がある方は、面接の際にその経験をアピールすることで、優遇されるでしょう。もちろん、どなたでも最初は未経験からはじまるので、資格や経験がないとしてもマイナス印象にはならないので心配する必要はありません。会社によっては資格取得の勉強代をサポートしてくれるところもありますし、資格を保有していると資格手当が給料につくケースもあります。

 

求められているスキルや能力とは?

自動車工場の期間工には、特別なスキルや能力は求められていませんが、どこの現場でも求められている最低限のコミュニケーション能力は必要です。社会人として基本とも言えるあいさつはもちろんのこと、業務中に何をしたらよいのか分からないときなどは、ただ指示を待っているのではなく、責任者に自分から尋ねるなどの行動が求められています。

 

また、ミスや失敗をしてしまったときは、自分から上司に速やかに報告する必要があります。これらのコミュニケーション能力は、自動車工場の期間工だけでなく、すべての職場で仕事の効率をアップさせるために求められていることと言えるでしょう。

 

体力とやる気も大切!

自動車工場の期間工は、身体を使った作業が基本ですので、体力勝負の仕事と言えます。ですから、面接の際に体力について質問されたなら、体力に自信があることをアピールすればよい印象を残せるでしょう。また、面接時の態度から、やる気を判断されるので受け答えをしっかり行いましょう。小さな声で話したりするなら、やる気がないと思われマイナス印象を与えます。

 

ですから、たとえ話すことが苦手な方でも、面接の時は元気よく挨拶をしてやる気があることをアピールするよう努めましょう。また、自分を偽らないで正直に話すことも大切です。たとえばタトゥーがあると採用しない企業もあります。面接でタトゥーの有無を聞かれ、嘘をついても、その後の健康診断などでバレてしまい不採用となってしまいます。ですから、正直に受け答えをすることはとても大切と言えるでしょう。

監修・著者 元期間工で働いてた人 中山 健一

期間工として、5社で12年間、働いてきました。これまで経験してきたことを交えて、期間従業員の仕事について解説しています。

PAGE TOP