自動車関係の期間工の平均給与や労働環境 【期間従業員募集】

自動車関係の期間工の平均給与や労働環境

自動車関係の期間工の給与相場はどのくらい?

自動車関係の期間工の平均給与や労働環境

自動車期間工の年収はいい、とよく耳にしますが、具体的にはどのくらい稼ぐことができるのでしょうか?年収は勤務するメーカーや企業によって変わるので、がっちり稼ぎたい方は、面接の際に残業や夜勤、ボーナスなどの有無についてしっかり確認するようにしましょう。

 

また、年代によっても年収は変わってきます。たとえば20代の場合、月の手取りは20〜25万円程度が平均となっており、年収にすると300〜400万円が目安です。30代になると手取りが25〜35万円で年収は400〜500万円、40〜50代になると年収500〜600万円稼ぐことも可能です。

 

資格があると「資格手当」が補助される!

資格を保有していると、企業によっては「資格手当」がつくケースもあります。資格を保有しているだけで、毎月の給与が1〜2万円アップします。毎月2万円アップで計算すると、年に24万円も給与がアップするので、資格は保有していると役立つと言えるでしょう。さまざまな資格がありますが、自動車関係の仕事で役立つ資格には「フォークリフト」や「危険物取扱者」、「2級ボイラー技士」などが挙げられます。

 

職場によっては資格を取得するために会社側で講習費などをサポートしてくれるところもあります。そのような機会があれば、資格取得を積極的に検討されることをおススメします。

 

自動車関係の期間工の労働環境とは?

自動車関係の工場の多くは、大手企業が行っているので、労働環境の整備に力を入れています。また、工場内は事故や火災などの労働災害が発生しやすいため、従業員の万全体制をしっかり図っています。勤務形態の多くは、基本的に交代制が多く、会社によって2交代や3交代などの違いがあります。また、繁忙期には残業や休日出勤なども増えるため、体力勝負となるでしょう。

 

自動車関係工場の仕事は、製造工業内でのライン作業がメインなので、ほとんど個人で作業を進めることが多い傾向にあります。そのため、作業中に直接多くの方と関わりを持つことはないので、人間関係が悪化して労働環境が悪くなる・・というケースはあまり生じません。つまり、人間関係の悪化により退職するというケースはほとんどないので、契約期間中、ストレスに陥る傾向は少ないようです。ですから、人付き合いが苦手な方には、工場勤務が向いているかもしれません。

■ 当サイト運営者については⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。

おすすめ仕事情報サービス

工場求人ナビ
工場ワークス
お仕事情報ネット

PAGE TOP